読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きることに必死なシャチリーマンの記録

泥の中だからこそ見えるもの

3行まとめ 3月1日 調子について

○昨日久しぶりに深夜2時まで残業をした。予定していた資料の発表日がぐんと前倒しになったためだ。久しぶりに尻に火がついて、圧倒的集中力を発揮した。前からお思っていたが、絶好調時の集中力は、自分でもわけがわからないくらいすごいものがある。

 

○そして今日。昨日の集中力を見事に引きずり睡眠時間も短いのに素晴らしい集中力で仕事に取り掛かれた。すこし余裕があるときとは全く異なる力をだせていた。

 

○自分は特に調子の波が激しいと、小学生のころから自覚をしており、サッカーで好不調の波にずいぶん悩んでいたことを思い出す。のっているときは周りが止まっているような気もしたし、しんでいるときは自分の体が自分のものとは思えないくらい制御不能になっていた。

 

3行でどうしようもないので、ここから本題にはいる!

 でなにがいいたいか、何を感じたかというと

 ●自分の波はとにかくただただ弱点だと思っていた(特に社会人になってから)

    いやいやいや

     ちょっとまてよ?まってくださいよ   となった

 ●俺のこの波のピーク時やばくない?りっぱな武器じゃない?って感じたのさ

 ●今まで弱点だと思い、波をたてないようにとばかり考えていたが

  上手く波を起こして、すこしでも制御できるようになったら、この先のワイの成長の傾きが変わるとおもった!

 

じゃあ何をするの?

 

記録を付けてみようと思う。

のっているときはなんでのっているのか?どんな気分か、何をかんがえているか

わるいときは、なんでわるくなっているのか?どんな気分か?なにをしたらわるくなっているのか?

などをここのブログでのこしてくことにした!

 

さっそく 本日のきろく

●のっていたとき

  ・発表が無事終わって、自信がついた。

  ・なんかむてきなきがしてきた。しごといくらでもかかってこい状態

  ・自信がキーワードかな?あと困難を達成したかんじ?

●悪い時

  ・調べもをしていてなかなかほしい答えがみつからないとき

  ・時間の経過とともにやる気なえていくのを感じた。

  ・とまってしまったり、同じことのくりかえしを感じ始めるとわるくなるのかな?

 

よし今日はここまで!いまのっているからいくらでも書きたくなってしまう。

 

最後に

●今思っている自分のキーワード

 「費用対効果