生きることに必死なシャチリーマンの記録

泥の中だからこそ見えるもの

絵本の元

名前 心の封印
種類 スキルカード(武器?アイテム?魔法?)
画像イメージ

別の箱に心を詰めているイメージ
内容
・人にお願いしたり、手間を取らせることを伝えるのにストレスを感じてしまい、  先延ばしにする傾向がある。その為仕事がはけず溜め込んでしまうことがある。 ・結果としては仕事が遅延するという全員が不幸な結末になってしまうので、  一時しのぎを止めて何かあったら伝えられるようにならないといけない。 ・仕事の依頼やお願いをする時は、仕事と割り切り、「申し訳ない」  という無駄な感情は別のところに封印する。 ・お願いごとが発生したら、心の封印カードをみて「封印」というルーティーンを行う。  それで心に勇気を与えてから、苦手なお願いを実行する。
補足
・これは嫌われたくないという俺の見直すべき弱点から発生している ・根本が解決したら治ると思うが、複合的にスキルとしてもアプローチする ・実際仕事で「申し訳ない」と思うことがよくないことは理解している ・ここで感情を別に移動するという技も鍛えるようにしたい ・進化系に「鉄のハート」にはってんさせたい

 

名前 怠惰の悪魔(後で名前を調べたい)
種類 モンスターカード
画像イメージ
怠惰の悪魔。無気力な感じの悪魔(こいつ自体にいいも悪いもないのかも)
内容
・根源にやりたいこといがいやりたくないという俺の特徴があり、  基本的にやりたいこと以外のことをやろうとするとこいつが現れる! ・後でやろう、だるい、ねむい、ボケーっとしよう、楽をしよう  などいろいろな感情を起こして俺を休ませようとしてくる。 ・こいつとの戦いは、やりたくないことにいかに意味を見出すかである!!  それを胸にしまい勇気を持って立ち向かおう!
補足
・これは動物的本能で、常に無駄な体力は消費しないでおこうとするものだと思う ・そして特に俺はそれが強く感じるのだとおもう、また小さい頃から  我慢をあまりしてこなかったため、この悪魔が強くなっていったのだとも思う ・無駄と思わないことが一番の効果を発揮すると現段階では考えている ・ただ、逆にやりたいことは死ぬほどやりまくれるっていう無敵モードにもなれるから  堕天使的な意味合いもありそう(まだ解明できていない) ・今考えているのは、極力やらないで済むことはしない。やる必要があることだけ  選んで、やる意味を見出していこうと思う(やりたいことに対する力を失いたくないから)

 


名前 先延ばしの悪魔(後で調べる)
種類 悪魔カード
画像イメージ
とにかく誘惑をしてくる感じ甘い罠って感じ(こいつはつらいことからすぐに逃げようとするから)
内容
・怠惰の悪魔から派生した悪魔 ・ 嫌なこと、ストレスがかかることから逃げ出し、一時の、その場しのぎの快楽、楽さ、  を得るための誘惑をたくさん仕掛けてくる。 ・10時から、午後から、定時後から、明日から、週末の休みにまとめて、連休にいっきになどという言葉にご用心!!  今やらないことは絶対明日も、なおさら休日なんてやりませんから!! ・そして、今この瞬間を楽できたことを何よりものご馳走としている  こいつの一番厄介なところは、最上級悪魔の自己嫌悪を召喚することである ・明日やると決めてやらなかった時、休日やろうと決めてすぐに帰って、休日やらなかった時  めちゃめちゃ苦しいよね、結局何もしなかった休日ですら1日苦しめられるよね
補足
・頭では理解できていても、実行できないときあるよね、そんときいちばんつらいよね ・俺の人生は常にこいつに付きまとわられている。学生の頃から宿題に、親からはやれと言われたことを  やらずに、ずーと常に何かしらの不安を抱えて生きていた。 ・この悪魔のせいだと気づかずに、ずっと苦しめられてきた。おれの人生の最大の敵でもある  悪魔の招待がわかったんだから、全身全霊をかけて戦おう、自分を変えていこう! ・こいつとてもとても強力な悪魔なので、複合的に戦っていかなくてはいけない  「無から有へ」「いまやる」「5分我慢する」などのスキルカードと「天国と地獄」などの  状態表示カードを組み合わせて戦おう!

 


名前 自己嫌悪(神クラス)
種類 悪魔カード
画像イメージ
とにかくつらい、かなしい、切ない、死を連想できる絵。虚しくて泣いてる感じでもよい
内容
・名前通りの「自己嫌悪」を運んでくるあくまである ・こいつは単体では現れない、各悪魔が力を発揮し始めると召喚されてしまう  この世で一番大切に、幸せにしなくてはいけない自分自身に対して、嫌悪してくるのだ ・なんてダメなやつなんだ、無能だ、ゴミだ、死にたい、など・・など・・  自分が自分に絶望する時ほど、残酷で、悲惨で、辛いものはない・・・ ・特に相性のいい悪魔は、先延ばしの悪魔である。このコンビにはいままで人生のほとんどを  共にしてきた。 ・自己嫌悪は絶対的な悪という認識を忘れてはいけない!!  俺の人生の意味は自分が幸せになることなんだから!! ・なにか失敗したら反省すればいい!自分の存在を責めても何もかいけつしない ・こいつはそもそも他の悪魔により召喚されるので、対策はそれぞれの悪魔になるのだが、  出てきてしまったら、全力ではねのけ、召喚元の悪魔へ戦いにいくのだ!!
補足
・理性ではわかっていることを、本能でできなかったり、精神論で戦った結果  できなかった時に現れる ・精神論だけではこの複雑な世の中を上手に生きていくことは難しい(無理に近い)  ことを理解することはとても大切!! ・こいつに心をしはいさせてはいけない。 ・うつ病などはここから始まるのだ ・自殺者などもこの悪魔が起こしている ・反省することと、自分を責めることはちがう!!そこをしっかりいしきする!!  自分を責めても何にも、何にも、何にも解決はしないよ!! ・こいつのご馳走は、自分を責めている時の絶望感

 

名前 5割チャレンジ!(実行も大切)
種類 スキルカード
画像イメージ
未完成の防具で進む感じ!!
内容
・完璧になるまでうごかないで、考え事をしていて、なかなか実行しないことがある ・8割 考えがまとまったら、実行してみる ・するとじっとしてた時より、さらに多くのことがわかるから!!  そしたらまた9割がた考えて実行 ・最後に10割考えればよい、初めから10割をやろうとすると、進まず、ストレスになり  結果やらないという最悪の結末が待っている。
補足
・簡単なことなら、いいが、初めてやること、未知なものを解析するときなど  は特に有効なスキルとなる ・例えば、まるっきりはじめてやる案件のTODOを考える場合、初めから全てのやることなど  わかるはずがない、6割くらいやることが見えたら一旦その時点でTODOを回すのだ!  さすれば、全体が徐々にみえてくるのだ ・昔の俺はTODOなど一切考えずにごりごりやっていたが、TODOスキルを得てから逆に腰が重くなって  いた、0・100ではなく互いのいいところをずる賢く習得して力を使っていこう!
名前 月曜日の悪魔
種類 悪魔カード
画像イメージ
かわいい悪魔・いたずら好きな感じ
内容
・土日にあったプライベートを月曜日まで引きづりこんでくる悪魔  嫌なことであったり、引っ掛かりがあると執着してずっと考え込んでしまう ・頭を使う仕事なので、そんなことがあるだけで、全く仕事が進まなくなってしまう ・対策としては、とにかく土日をスッキリ遊びきること!そもそも執着が残るように遊んでいるようでは  まだまだなのである。 ・また土日に気持ちが高ぶりすぎて月曜も白熱ーってなるときもある。 ・とにかく、月曜日は悪魔が潜んでいることをまず意識して、  切り替えも意識して、スタートダッシュをきるようにする ・月曜日に波に乗れればその週はその波に乗れるのでとても大切な日なのである
補足
・ぶっちゃけいろんなアイデアに溢れることはうれしいことでもある。  がそればっかりでは本当に私語が進まないから、しっかりめもしてまとめ上げる ・まとめ上げないからなんかいも同じようなことをめもっているのだ!! ・このカード、絵本つくりはとてもいいのだ

 

名前 ガンガンいこうぜ(周りからはじめていく)
種類 スキルカード
画像イメージ
みんなに向かってウェオーって感じ
内容
・仕事を他の人と一緒に、依頼ごとやお願いごとも含めて進めていく場合 ・まず最初に進めることは、他の人に指示を出すところからやるのである ・自分一人でできることは全員に指示を大終えてからやる。「心の封印」スキル  もくしして、進めていく! ・これをしないと自分も苦しむし相手も苦しませてしまう。
補足
・まあ人にお願いごとするのが苦手だが、この順番を守るためにもやろう ・あのTさんが教えてくらたんだもん
名前
一点突破
種類
スキルカード
画像イメージ
大勢で狭いもんや、大きな怪物に攻め入る感じ
内容
・初速が大切なことを重々承知しているので、最初の取り掛かりの際  このカードを見て「よしっ」と声をかけて気合をいれる ・それからあとは誘惑してくる悪魔など目もくれずに仕事にとりかかるのだ ・取り掛かりさえすればあとはおのずと集中は付いてくるから!
補足
・集中したければ、集中すれば良い

 

名前 見せかけの防壁
種類 悪魔カードOR状態カード
画像イメージ
張りぼての城、実は空っぽ
内容
・仕事を取り掛かるさい、最初の一歩目が一番大きな抵抗となる。  が実際やってみたら全然ストレスは無くなる ・むしろ取り掛からずにためらっている時が一番もやもやしてストレスになる  とくに細分化や初めてやることに対して見せかけの城は大きくなる。 ・細分化されてなければ細分化し、初めてに関しては勇気を持つことが大切である ・苦手なものほど、幻の城は大きくなるから、それを意識し、苦手の原因をアプローチする  こともいいだろう
補足
・基本的に俺にできないことなどない!ただビビリだからビビってるだけ、  幻だ、やってみて本当にダメだったらそん時考えればいい、とびこんでもう

 

名前 注意散漫(神くらす)
種類 悪魔カード
画像イメージ
いろんな注意を引かれるようなあくま、にやってしている
内容
・俺の最大の弱点の一つである注意散漫である。 ・苦手な仕事をやっているとすぐにあらわれる。すごいアイデアを思いついたり、  爪が気になったり、足がきになたり、ネットがきになったり ・こいつも先延ばしとかと同じくらい馴染みの深い悪魔である。こいつのおかげで何度  仕事を中断したかはわからない。俺がデスクワークが苦手な最大の原因である ・「3種の神器」のおかげでこいつとはやっと折り合いがつきそう。しかい思いもよらない  すごいアイデアはこいつが運んでくるからそこは大切にしていく
補足
・絶対に太刀打ちできないものだと思っていた悪魔。「3種の神器」の発明で、  絶対無理なことはないかも?という考えができたなんとも言えない愛おしさもある ・スペルカードの発明のきっかけとなった悪魔なので思い出深いやつである

 

名前 定時後の悪魔
種類 悪魔カード
画像イメージ
自由な感じ、束縛を切るってくる
内容
・定時後、つまり自主的に活動する時間帯になると、どこからともなくあらわれる  定時内は仕事だからという天秤を使えるのだが、いつ帰ってもいいよという状況になると  いろいろな誘惑を仕掛けてくる ・食べたくもないのに、何かを食べようとしたり、無駄に携帯をみたり、  一番の脅威は仕事に集中できなることである。最後にはもう帰っちゃおうと囁く ・定時後はより意識をすることが大切である。結果だらだらと定時という大切な時間を  無駄にしないようにスペルカード等を利用し対抗していこう
補足
・今の所こいつに対する特効薬はみつかっていない ・やはり何をしてもいいという状況になった時、やりたくない仕事などてにつかないものである ・だったら帰ればいいのだが、やらなきゃという葛藤の中苦しめられることもある ・やることが残っていりるならやるしかないのだから、やるしかないのである ・これは、定時中になるべく頭を使う仕事をして、定時後は明確なTODOを回していくっていう  案が今の所有効だと思われる!!

 

名前 滅びのバーストストリーム
種類 スキルカード(いまは呪われている)
画像イメージ
ブルーアイズのあれ
内容
・先延ばしを繰り返し、究極に追い込まれたときにのみ発動する闇のスーパーパワー。 ・実際こいつが発動したらものすごい力で物事に取り抱えれるが、発動するまでに相当先延ばしを  しているため、心が疲弊しきってしまう ・正直この力はとてつもない力なので制御できたら最強に近ずくと思う ・先延ばしたさきでの発揮はやめる俺の人生の課題でもある
補足
・実際このスーパーパワーに何度も助けられてはいるのだが、逆に言うとこいつがあると  たかをくくって先延ばしの悪魔がやってくるきがする ・ただ追い詰められるにせよ、なんにせよ、実際に発動できるスーパーパワーであること  には間違いないのだがら、本当に使いたをマスターしたいものだ!  なんとなく「とつ」のさらに先にある力なきがする

 

名前 勝利のルーティーン
種類 スキルカード
画像イメージ
五郎丸(笑)
内容
・「3種の神器」と合わせてつかう。このスキルカードの効果を最大限の発揮するための  補助スキルカードである ・全体のTODOを確認する。本日のTODOをいつもの台座にセットする。実行の書を手元にセットする  この一連の動作を雑にやらずに、一つの儀式として行うことを意識することで、「よし、仕事をするんだ」  ということをイメージさせ、スムーズに仕事に入れるようにする。
補足
・儀式としてできるように、本日のTODOの台座や、机の上を綺麗かつ創造的にくふうすることで  3種の神器たちが目立つような仕組みを作りたい

 

名前 冒険の書
種類 スキルカード
画像イメージ
ドラクエ冒険の書
内容
・朝一、昼一、定時後一なのどに昨日、午前中、午後、の反省をするための書  しっかり過去を振り返ることで仕事に対する気持ちを高める ・またいまの気持ちを書くことで頭をスッキリできる効果がある
補足
・3種の神器の4つめにエントリできるかどうかいま審議ちゅうである、そのくらい大切なスキルである

 

名前 FRIXION
種類 アイテムカード
画像イメージ
そのまま(笑)
内容
・ボールペンで書きたい消したいをかなえてくれた一品 ・スキルカード「外付けハードディスク」の補助カードとなり、紙に字を書くというストレス  を相当下げてくる一品!愛着を持って大切に使っていこう
補足
・赤、黒、青のストックは常に常備しておこう ・以前これを無くしただけで、脳内パニックを起こしたくらい大切なもの、予備もあっていいかもね

 

名前 3種の神器(スーパー神クラス)
種類 スキルカード
画像イメージ
3種の神器、今後地図とコンパスに変更するかも
内容
・別紙参照
補足
・こいつは、3種のそれぞれをスキルカードとして登録してもいいかも! ・副産物として、機械的に仕事をこなせるため、依頼する時も心を使わずに行動できる!!

 

名前 未知への勇気
種類 スキルカード
画像イメージ
勇者が志を持っている感じ、負けないぞって感じの顔
内容
・始めてのことや、不明なことを解析する時に、心にストレスを必要以上にかけてしまう ・わからないということ自体に恐怖感じてしまっているが、わからないことなんてあたりまえにあるのだから  恐怖の対象ではないことを意識することがたいせつ。 ・始めてのことをやるときこのスペルカードをみて上の書いてあることを意識して  「よしっ!こわくない!こわくない!」と唱えよう ・わからないとどうしようという幻想の恐怖怯えるのはやめよう!  そこにあるのは、わかること、わからなかったことという普遍的な現実だけなのだから!! ・結果わからなかったら、わからないという事実を知れるだけで何も怖いものなんてないのだ!! ・特にビビリな俺はこいつを意識できるかで大きく自分を変えることができる!!
補足
・実際わからないことがあっても、やり始めてしまえばこわくないし、最初は全然理解できない図面等も  何度もみているうちに普通に理解できるようになる。そのことを覚えていれば(成功体験)全然怖がる  必要などなくなるのだ ・ここはもうすこし分解してスペルカードにしたいところである ・無駄なことをしたくないという悪魔も関係しているきがする ・また全力でやったときにできなかったら恥ずかしいや、全力に対するできなかったときの逃げ道てきな  こともあると思う。負ける前に逃げてしまおうてきな(キルアの針みたいな)

 

名前 正義のゴミ箱
種類 スキルカード
画像イメージ
かっこいいゴミ箱にゴミをいれてるイメージ
内容
・俺は「わからない」ということ自体に、相当な恐怖を感じてしまう。  そのため、わからないことが出てくると俺のCPUはそいつをどうにかしようと、  そことばかりに処理を行い出す。 ・これは無駄でしかなく、恐怖に対する反応をしているだけ、わからないことはちゃんとした段階で  しっかり分析し対策を立てればいいだけだから ・ここで不明なことを書くBOX(メモ)を用意し、不明なことがでたらそこにメモをしていくっていう仕組み  を作るだけで、CPU処理を無駄にすることがなくなる!
補足
・実際これはとても有効!  不明なことを、不明いフォルダに格納するだけで、「不明なこと」というものに定義されるため  その時点で不明という恐怖は無くなるということ
 
名前 ちょっと待った!
種類 スキルカード
画像イメージ
誰かが止めているイメージ
内容
・衝動にかられたとき、間食したい、先延ばししたい、ぼーっとしたいてきな時に  とりあえず3分だけ待ってみるをやってみる ・本当にしたいことか、それは未来の自分にとっていいこと?わるいこと?という整理をあらかじめしておいて  衝動でやってしまうが、今後自粛したいことに対してはこのスキルを使うようにする ・習慣になるように強く意識してこのスキルカードをみて「ちょっとだけ待ってみよう」と唱えてみよう  おれの未来はあかるいぞ!!
補足
・おれの性格的に本当に衝動にまけやすい!! ・やらないことリストを作ろう

 

名前 いつやるの?
種類 スキルカード
画像イメージ
林修
内容
・すぐにちょっとしたことも後回しにするおれ!! ・逆にちょっとしたことでもすぐにやること風に変えていく! ・ゆーとはできるようになってきたらしいぞ、おれもできるさ! ・何かやることがでてきたらこのカードをみて「今でしょう」と唱えよう
補足
・これを習慣化できたらおれはさらに進化できる

 

名前 全力少年
種類 スキルカード
画像イメージ
泥臭い全力の笑顔の少年
内容
・おれは全力を出してできなかった時に、恥ずかしい、自分の価値がなくなってしまうのでは?  と思ってしまう。 ・そもそもその考えを変えていこう!全力を出すということにかんして慣れてこう!! ・おれの属性はなに?泥だろう?恥ずかしかったらそれを餌に成長しちゃえ  失敗そのもを恐れるな!おれはまだまだ成長の過程だ!成長期だ!アグモンだ!!
補足
・いつのまにか、失敗を重ねるごとに、全力を出せなくなっていた。  こころが自分(自尊心)を守るために勝手にセーブしていたのだ、  そこに気付いたのだから、心と会話して、「成長のために全力をださせてね」ととなえよう ・そもそも失敗が恥ずかしいと誤解しているのだから!しっかり誤解をとこう! ・もっと先の、本当に大切な時に成長するために、今はむしろ望んで失敗をしに行こう!! ・失敗になれよう!!これこそが自己革命のいっぽかもしれないね!! ・この心のストッパーが外れた自分を想像してみて?わくわくしない?やっていこう!! ・これは確実に痛みをともうなうことだが、あらかじめそれをわかったうえで取り組もう!