生きることに必死なシャチリーマンの記録

泥の中だからこそ見えるもの

4月24日 第4回目 ふり返り会

○ 2017/04/21~04/23にかけて、定例となっている、友人とのふり返り会を実施

 

○ 今回は苦手・得意について自・他己分析した

 

○ 苦手についての整理

  ・将来自分が進む道に対して、自信を付けるために、

   克服たい苦手な事柄を洗い出し、対策を掘った。

   1.コミュニケーション

   2.スピーチ

   3.論理的な笑の取り方

   4.駆け引き

 

1.コミュニケーションにてついて

 ○問題

  ・自分が心を許していない相手

  ・興味のない相手

  ・特に女性

  ・特に二人きり

  上記の状況で、何を話したらよいか分からなく、しかしその場を盛りあげなくてはいけないという脅迫概念、使命感から焦ってしまい、ただ相手を褒めたり、媚びたり、その場から逃げてしまったり、その場を作らないようにしたりしていた。

 

 ○この題材については前回3月のふり返り会で掘り、

  実行し、結果まででているのでその流れを書いていく

 

 ①自分思っていたこと

  ・話が上手になればあせらなくて済む

    →全てが解決する。が上手になり方がわからない

 

 ②友人に言われたこと

  ・おまえのはなし、そんな下手じゃなよ

 

 ③そこで気付いたこと

  ・ここでコミュニケーションが苦手な原因が

   ”話下手” から

    ↓

  ”興味のない人に対して話すことがない”

   という俺史において劇的すぎるパラダイムシフトを起こした。

  ・そして興味のない人をいかに、自分にと紐付かせるか?

   を猛烈に考えた

 

 ④そして出した解決策

  ・今後、興味のない人に対しても、良い人間関係を築くことができれば

   きっと、もっと楽しい世界になる。

   ※自分は好き嫌いがはっきりしており

   かつ好きと思う人が少ない為心から良い人間関係だ

   といえる人は少ない、という背景がある

  ・上記のマインドセットをすれば、興味のない人(自分にとって利にならないとと思う人)が今後、良い人間関係を築くことができるかもしれない(自分に利となる人間になるかもしれない)と思えるようになり

    興味がない人が基本的にはいなくなる

    という結論になった。

 

 ⑤そこで実際に試した結果

   ・大勝利である。

   ・今まで苦手としていた人と何の苦もなく話すことが

    できた。自分でも引くくらいこの結果には驚いている。

 

 ⑥そこからどう変わったか

   ・とにかく人とはすことの自信が生まれ、余裕が生まれた

    焦ることはなく、相手と会話できるようになった。

   ・相手に合わせるだけや媚びる等も必要なくなったので、

    お互いに楽に会話できるようになった

   ・相手から、以前よりまして、好意をもらえること

    も感じている

   ・いまで特定のひととしか極力話さないようにしてたところから

    いろんな人と話せるようになり、かつその会話を楽しめるように

    なった

   ・余裕が生まれたことで、自分自身としても自信が生まれた

   ・これからもっといろんな人の話を聞きたいと思っている

   ・もっともっといいことがあるが、、とりあえずここまでにする

 

  ⑦感じたこと

   ・問題の原因を正確にどこまで掘れるかによって、劇的な

    アプローチの方法が思いつくこと

   ・一人ではなかなか気づけないことがあるということ

   ・理由づけ、とくに自分との関係づけができると、

    それだけで、苦手が克服できることを、体験できた

 

 2.スピーチにてついては、また今度書くことにする!