生きることに必死なシャチリーマンの記録

泥の中だからこそ見えるもの

3月2日 3行にまとめられん モチベーションについて

○俺はモチベーションを高めるうえで、よりどころが必要な人間である。
  ・上司達(会社的に自分を評価する立場の人、基本偉い人)に褒められる、評価されることが、一番の喜びであり、一番のモチベーションを発揮できる
   ↓
○そこから、モチベーションを保つという考えでいくと、
  ・常に褒めら続けないといけない!
  ・起動に乗ってきたら、それも可能かも知れないが、実際はそれは難しい
   ↓
○今はTODO、ブログを友人と共有することで、強いモチベーションが保てている
  ・それは、俺の性格である、みんなに認めてほしい、知ってほしいなどがあるからだと思う。また友人の高い姿勢につられているのもあると思う
   ↓

○上司からの評価だけをえさにすると
  ・そもそも常に評価され続けるのは大変なことだし
  ・評価を頼りすぎると、やはり心は消耗するし、びくびく弱気になる
  ・特に評価する人の顔色を伺うようになる
  ・悪いときはどんどん悪くなるという諸刃でもあるから
  ↓
○しかし、モチベーションのよりどころを上司以外にもつと
  ・びくびくしなくなるし、おこられてもやる気が落ちることはない
  ・すでに遅延している腐っているワークも高いモチで発揮することが出来る
  ・悪いループにはまることもない
  ・モチベーション欲しさに心を消費することなく、健全な気持ちでいることが出来る
  ・またこびる心がなくなるため、自信すらも持てるようになる

 

思ったこと

○自分を認めてくれている存在が、常に高い心を見せてくれると
   俺も腐ってる場合ではないと、負けてられないなと思えるようになる!

○実際1年くらい前には、モチを他に求めてはだめだと思い、自分の成長のみ、
  自己実現だけに目を向けていた。

○しかし俺の性格上、自分だけで完結するには、他の力を使ったモチほどの力を発揮することはできなかった。

○そこで俺はモチを他から受け入れることは、自分の中で認めることにしていた。諸刃とも理解していたが、わかったうえで他に手段はなかったので、受けいれていた

○そこにきてのこれである!!!
  最高の力の発揮の方法の一つだと思う!

○このように、まだ知らないだけ、やらないだけで、自分を高めることが出来ることを改めて実感した。このような手段を増やしていき、どんどん強い自分にしていきたい
(力の使いかた、制御の仕方)

 

まとめ

 

~モチベーションについて~

1.他に認められることをモチベの筆頭にして仕事をしていた

2.それは自分の性格上、いろいろ経てだしたこたえである

3.メリット:自分の性格なので、とてつもない力を発揮できる

  良いループに入ると無敵になる(連鎖を呼ぶから)

4.デメリット:褒められないと、力が出ない。

  びくびく縮こまる。心の消耗がともなう

  悪いループにはまると地獄(これも連鎖)

5.他に褒めらると同じモチベを、友人との共有から得た

6.これは俺の性格にマッチしているのでよい

7.そしてこの力は、上で上げたデメリットを回収してくれる

8.面白かっこいいぜ

つまり

俺にとって、良いモチベーションの高める方法を手に入れた!

 

・ポイント

①他の評価だけがモチだったときと比べて、

 1.びびらない

 2.強くいれる

 3.自信をもてる

 4.こびない

 5.心を消費しない

等の副産物もめちゃめちゃ俺にとって大きいってこと!!!

②また、褒められるというモチベはなくしたわけでなく、褒めてくれるのであれば、それも受け入れて、さらなるモチベに変えていく

  ⇒起動に乗ったらすごいことになる。はず!

 

・ここで上げるおれの性格

1.相手の反応により、自分が大きく影響を受ける

2.自分の成長は自分だけで喜ぶより、周りに見てほしいとおもう

3.自分だけで何かをやるのは、心から好きなことでないとむり

  (ゲーム、スポーツなどは周りは関係ない)

4.とにかく、周りに影響を与えるのも、与えられるのも好き

これが俺

前は無理に直そうとだけしていた。

 

最後の整理

・ここで言うモチベは、仕事をとりかかるまでの、「静止摩擦力」にたいするものである

・いったん回りだしたら(特に良い感じでまわったら)、あとはどんどん力はでてくる

【動摩擦力に対する力はまた別の項でしっかりまとめる】

 

 

今日の俺のキーワード

「ワープ進化」

 

まったくまとまりがないが、じょじょによくしていきたいなと!